1.  > 

ウィッグの取扱とお手入れについて

髪の毛帽子WithWigの医療用ウィッグ帽子には非耐熱ファイバーと耐熱ファイバー素材の2種類があります。どちらもカールなどのスタイルが長持ちしやすく、スタイリングがしやすく、人毛素材のウィッグと比べてお値段がお手頃なのも魅力です。耐熱ファイバーはコテやドライヤー、ホットカーラーを使用できます。耐熱温度は約180度です。
非耐熱ファイバーは、ちぢれや切れ毛の原因になりますので、熱湯での洗髪やドライヤーなどのご使用は避けてください。

ウィッグの洗い方

資料提供:フェザー株式会社様
軽くブラッシング

STEP1

もつれた毛を取るために軽くブラッシングしてください。ブラッシングには目の荒いカネブラシのご使用をお勧めします。
ウェービーはとかすと膨らみますが、シャンプーをすると元に戻ります。ブラッシングは必ず乾いた状態で行って下さい。

注意:ぬれたウィッグをブラッシングしないで下さい。毛切れの原因になります。

専用のウィッグシャンプーで押し洗い

STEP2

専用のウィッグシャンプーまたはおしゃれ着洗い用の中性洗剤を適量水に加え(出来れば水で、お湯ならぬるま湯程度で)、2〜3分(汚れのひどいときは30分程度)浸してから押し洗いをします。

注意:もみ洗いや洗濯機の使用は避けて下さい。
注意:熱いお湯は厳禁です。ちぢれの原因になります。

タオルで包み込んで十分に水分を吸収させる

STEP3

専用のリンスまたは柔軟剤を適量水に溶かして1〜2分浸した後、タオルで包み込んで十分に水分を吸収させ、陰干しにして乾かして下さい。

注意:耐熱式ウィッグ以外のアイロンやドライヤーの使用は厳禁です。ちぢれの原因になります。

ウィッグオイルはブラシ通りをよくし、ツヤ出し、静電気防止に効果がありますのでご使用をお勧めします。

STEP4

完全に乾いたらブラッシングをして完了です。ウィッグオイルはブラシ通りをよくし、ツヤ出し、静電気防止に効果がありますのでご使用をお勧めします。
ブラッシングには目の荒いカネブラシのご使用をお勧めします。

帽子のお手入れ方法

  • 帽子の裏側の表示にしたがってお手入れしてください。
  • 【手洗】の表示のある帽子はウィッグと一緒に手洗いすることができます。
  • 【ドライ】の表示のある帽子は髪の毛を取り外して、帽子のみをドライクリーニングに出してください。
  • 【洗濯不可】の表示のある帽子は洗濯できません。

帽子とウィッグのお手入れ方法

  • 帽子とウィッグを一緒に手洗いする場合は、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を溶かした水で軽く押すように手洗いしてください。
  • もみ洗いや洗濯機の使用は避けてください。
  • 仕上げに柔軟剤をご使用になられると柔らかく仕上がります。
  • 洗い終わったらよく乾いた布にはさみこむようにして包み、水気を充分に吸収させ陰干しにして乾かしてください。
  • 髪の毛が濡れているときは、絶対にブラッシングしないでください。毛切れの原因となります。
  • 耐熱式ウィッグ以外はアイロンやドライヤーはちぢれの原因になりますので使用しないでください。

ウィッグのお取り扱いについて

ご使用の前に「安全上の注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
ここに示した注意事項は、商品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や損害を未然に防止するためのものです。
また注意事項は危害や損害の大きさと切迫の程度を明示するために、誤った取り扱いをすると生じることが想定される内容を「警告」「注意」の2つに区分しています。
いずれも安全に商品を長くお使いいただくための重要な内容ですので、必ず守ってください。

wring 警 告
誤った取り扱いをしたときに死亡または重症を負う可能性があるもの

火気厳禁 火気のある場所でのご使用はお避けください。
お肌に合わない場合 お肌に合わない方はご使用をおやめください。

wring 注 意
誤った取り扱いをしたときに物的損害の可能性があるもの

洗濯機禁止 洗濯機で洗わないでください。
商品のもつれやいたみの原因となります。
熱湯厳禁 熱湯を使用しないでください。
カールが伸びる原因となります。
スプレー厳禁 ハード(固定力のある)スプレーは使用しないでください。
商品のいたむ原因となります。
ドライヤー厳禁 耐熱式ウィッグ以外はドライヤーは使用しないでください。
商品の縮れの原因になります。
Note
  • 一覧の画像をクリックすると詳細画面を表示します。
  • 商品画像はできるだけ近似色に調整していますが、モニターの性質上、実物と多少色目が異なる場合があります
  • 市販の帽子の中にはスベリの厚さによって着脱クリップが取り付けられない場合がありますのでご注意下さい。