1.  > 

帽子のサイズと頭のサイズの測り方

  • 一般的に脱毛時は髪の毛のがなくなる分、ひと回り頭のサイズが小さくなりますので、帽子のサイズも今までより少し小さめなものをお選びいただいたほうがジャストフィットしますが、髪の毛帽子WithWigをお使いの場合はウィッグの厚みで相殺されるため今までと同じサイズで大丈夫です。
  • 脱毛時は毛穴が開き、敏感になることが多いので少しゆったりめのサイズを選んだ方が楽に過ごせます。
  • 外出途中で脱げたら困ると小さめの帽子を選ばれると、頭が痛くなったり痒くなったりして長時間かぶることが辛い場合があるのでご注意下さい。

帽子のかぶり方と採寸方法

帽子サイズの採寸方法

Aのかぶり方
後ろにいっぱい傾斜して被るかぶり方です。
若い方に主流のかぶり方です。
Bのかぶり方
後ろに傾斜して被る被り方で、一番多い被り方です。
Cのかぶり方
帽子の好きな人に多い被り方です。
目元に影ができるので大人っぽくなります。
採寸は人さし指1〜2本分のゆるみをプラスして自分のかぶりたい方法でサイズを測ります。

一般的な帽子の寸法表(cm・参考)

  LL
女性 55〜56 56〜57 57〜58 -
男性 54〜56 56〜58 58〜60 60以上
子供 5〜6歳 7〜8歳 9〜12歳 13歳以上
サイズ 53〜54 54〜55 55〜56 56〜57以上

一般的な帽子の部位の名称

帽子の各部分にはいろいろな名前がありますがここには、代表的な部位だけを示しています。
一般的な帽子の名称

トップ :天とも呼ばれる頭の一番上の部分です。
クラウン:頭とも呼ばれています。
腰   :帽子のブリムから立ち上がる部分です。
ブリム :帽子のつばの部分です。
スベリ :ビン皮とも呼ばれる帽子裏側にぐるっと一周しているテープのことです。