ニンジン、パセリ、レモン、ヨーグルト、パイン、豆乳のジュース

私が9年間、毎朝造り続けているジュースの紹介です。

材料は人参中サイズ2本,、セリ2つかみ、レモン小1個をざっと洗います。

人参はできたら無農薬を皮のまま、無農薬が手に入らなければ皮をむいて使います。

電子レンジで70度で一回加熱するとミキサーにかけやすいです。

人参はカロテンを多く含んでいて、カロテンは体内でビタミンAに変換される物質です。

視力の維持、粘膜・皮膚の健康を保つ、髪の健康を保つ」さらに呼吸器系にも働きかける健康効果があります。

抗酸化作用も強力なので、抗がん作用や動脈硬化などの予防にも効きます。

カロテンは加熱した方が体内への吸収性が良くなると言われています。

カロテン他にも、ビタミンB1やB2、ビタミンC、カリウム・鉄・リンなどのミネラルも含んでいます。

20090517174138c05   

パセリも多くの栄養素が含まれています。

代表的なものは、皮膚や粘膜の健康維持 や免疫力を高めるβカロテン、アピオールという精油成分、カルシウムを骨に定着させてくれるビタミンK、強い抗酸化作用のあるビタミンE、貧血予防の鉄分 やカリウム、風邪予防のビタミンCなどで、緑黄色野菜の中でもトップクラスと言われる栄養の持ち主。

レモンには意外に知られていない「カルシウム」の吸収率をアップさせたり、クエン酸がNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを活発にしてくれる効果があります。

レモンはできれば国産を皮ごと使いたいですが、無ければ防かび剤のイマザリルとOPP及びTBZが果皮に存在するので、外の黄色い皮を削ぎます。

以上をザクザク切ってミキサーに放り込んで、豆乳とパインジュースを適当に注ぎます。

仕上がった状態が大きめのコップ2杯分と言う感じで行きます。パインジュースは人参と相性が良くて栄養吸収にも良いとされています。

200905171743543c3

実は7年でキサーを4台つぶしました。

どんな使い方をしてるのと言われそうですが、モーターが動かなくなったのが2台と刃が切れなくなったのが2台。

現在はデロンギ社製のミキサーです。私のハードな使い方に良く付き合ってくれています。

これが今のところ一番長くて3年目。

デロンギの良い所は切れ味の良い刃と上の蓋を閉めた状態で真ん中の小窓から材料が入れられることです。

20090517174301b2a

本当はこのまま飲むのが体に良いのは分かっているのですが、中のザラツつく固形物が気になって飲みにくいです。

だから細かいステンレスのザルで濾して、残ったカスを木綿のさらし生地で絞り濾します。最後にヨーグルトをお好みで入れて撹拌して完成です。

20090517174415a78

コップ2杯分が出来上がりました。我が家の朝食はこれとマフィン一個です。

2009051717455598e

これを飲みだしてからは風邪をひかなくなり、肌のスベスベ感が増したように思います。