100均のタオルハンカチで簡単手作りマスク

ローズマリークリームの記事の前に、マスクのお話です。

まだマスクのストックはあるので、商品発送作業中の新型コロナウィルス感染予防対策への心配はないのですが、いつ品不足が解消されるかわからない状態になっているので、飛沫防止用になら使えると思い、自分でマスクをつくってみました。

CanDoで購入したふわふわタオルハンカチ2枚組(20㎝角)

家に残っていた、もう絶対にはくことはないだろう派手な色のストッキング(新品です)

ストッキングはマスクのゴムに使用します。

3~4㎝の幅で切ります。

ちょっと伸ばしてゴムにします。

髪ゴムで作ることも考えたのですが、あまりゴムが強いと耳が痛いのでストッキングぐらいがちょうどよさそうです。

適当なストッキングがなければ、Tシャツを横に幅1.5センチぐらいに切れば、同じような感じのマスクゴムができます。

ネットで何件かタオルハンカチで作る方法がアップされているので、それらを参考に作っていきます。

まず、タオルを下記のように、1/3ぐらいで折ります。

端が少し出るように、折り返します。

この端っこの出方でマスク全体の大きさが決まります。

反対側も同じように折り返して、ひっくり返して折った部分に待ち針を打って仮止めします。

見えている方が外側になります。

顔の大きさに合わせて、両端の出る部分を調整します。これぐらい端が出ていると、成人男性にちょうどな感じです。

内側(鼻や口が直接当たる部分)の方に端を折り返して、待ち針を打って、ゴムが通る袋状になるように縫っていきます。

グシ縫いでもまつり縫いでもオッケーです。

両側を塗ったら、ゴム通しでストッキングで作ったゴムを通せば出来上がり。

着用してみると、ちょっと大きすぎました。

グレーの方は端っこの出方を控えて作ったら、ジャストサイズ。

いい感じです。

タオルハンカチを切らずにそのままの形を生かして、手縫いで作ったので、布マスクが不要になれば糸を抜いてハンカチに戻すことが可能です。

お裁縫は苦手で。。という方には、素敵なハンカチやスカーフ・バッグなどを取り扱っておられる老舗「川辺株式会社」のウェブサイトで、折るだけの「ハンカチマスク」の作り方を公開しておられます。

https://shop.kawabe.co.jp/ec/sp/slist/hk_0303

花王からは布マスクの洗い方が公開されています。https://form.kao.com/jp/pub/open/eiseikagaku-theme08

一日も早く、今回の新型コロナ感染が収束してくれることを祈っています。